人が生きていくためには食事が必要です。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

お葬式の時にどのような食事を出すか

人が生きていくためには食事が必要です。食事にはまず生きていくために必要な食事があります。それ以外にコミュニケーションを図るための食事があります。大人同士であればお酒なども含めて行うこともあるかもしれません。おなかがすいていないから用意しないでいいわけではなく、何らかの集まりがあるときには決まりとして何らかの食事を用意することになります。

お葬式の時には一定の待ち時間などがあります。式が終わった後に火葬をすることがあります。火葬には1時間近くかかることもあり、その間に待ってもらうことがあります。このようなときに食事を出すことがあります。またお通夜から次の日などにも故人と過ごしてもらうようなときには食事を用意することがあります。この時にどのような食事を用意する必要があるかです。

基本的な決まりはありませんが、仏式の場合には昔から精進料理を出すようなことがあります。精進揚げ、精進落としと呼ばれる言葉があり、式の間は肉類を食べずに精進料理を食べるようにするとされています。一方式などが終わったときにはその印として意識的に肉類を食べるようにすることがあります。これが精進落としと呼ばれます。式の間はあまり肉類などは出しません。

サイトリンク