文章を作成するときには適度に句読点を付けます。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

葬式の会葬礼状に句読点を付けない理由

文章を作成するときには適度に句読点を付けます。子供のころから言われていることで、実際に多くの本、教科書では句読点が付けられています。点を付ける部分は迷うことがありますが、文章の終わりに丸を付けるのは特に難しいことではありません。そのことから文章作成時には気を付けながら書くことがあります。句読点がないと非常に読みにくい文章になりそうです。

お葬式を行う時には会葬礼状と呼ばれるものを出すことがあります。来てくれた人に対するお礼になります。家族が書くことになるのでしょうが、多くは斎場を運営する会社などがフォームを用意してくれているのでそれを利用します。この時に句読点がない文章であることに気が付くかもしれません。自分で作成するときにはどうすればよいかです。

句読点を付ける習慣は近年になって始まったとされています。もともとはつけることがありませんでした。そのことから儀式的な文書には句読点が付けられないことが多くなっています。もし自分で事前に会葬礼状を作っておいてそれを渡してもらうようにするなら、句読点がない状態で作成するようにします。それでも読みやすいようにしておけば特に問題はないでしょう。いろいろな文章を参考にして作ることができます。

サイトリンク