日本人が海外の人と話をするときに珍しがられるケースがあります。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

無宗教の場合にお葬式をどのようにするか

日本人が海外の人と話をするときに珍しがられるケースがあります。それは自分自身の宗教のことを話すことができないことからです。海外ではそれぞれの人が宗教を持ち、一定の信仰があるのが一般的とされています。男女があるとおりに宗教もそれぞ持っているのが普通とされています。日本では代々仏教を信仰する家庭のことがありますが、自分自身はそれにこだわる必要はありません。

お葬式の時、一応は何らかの宗教に基づいて行うことになります。無宗教の人でも家族が何らかの宗教で、お寺などとの関係を持っているのであればそちらの僧侶にお願いをすることになります。しかし今の時代にはお寺との付き合いがないケースもあります。新しくできた町などでは周辺にお寺自体がないようなこともあります。お葬式の時だけ形式的に行うのも変に感じることがあるでしょう。

手段としては無宗教として行うことができます。斎場などではよく宗教問わず対応すると記載されていることがあります。お寺や教会となるとそれぞれの宗派の人たちが行う場ですが、斎場や実家で行うなら必ずしも宗教にこだわる必要はありません。無宗教の場合は仏教にあるような習慣がありません。焼香も基本的には必要なくなります。故人を弔う気持ちで行うようにします。

サイトリンク