生命保険に入るときに何のために入るかがあります。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

お葬式の費用をある程度知って準備をする

生命保険に入るときに何のために入るかがあります。家族のいる若い人であれば主に残される家族の生活費、教育費用を重点的に考えることが多くなりそうです。一方で扶養する家族がいない人などでも加入することがあります。その時にはお葬式の費用のために加入することが多いとされています。どれくらいかかるかを知っておかないとどのような保障を設定するかがわからないでしょう。

実際のところ費用はピンからキリまであるのが現状になっています。依頼をする相手によって大きく変化します。若い人などは突然のことがありますから事前の準備が難しいかもしれませんが、それなりの年齢になってきたら自分でなんとなく計算しておいて準備しておくと家族への負担が減ります。費用としては大きく分けて葬儀そのものの費用、僧侶など宗教関係者への費用、その他の費用があります。

一般的によく聞かれるのは葬儀そのものの費用です。祭壇をどうするかなどです。豪華にすればかなり高くなりますし、質素なら比較的安く済ませられます。支払いは月末払いなどになります。僧侶などに支払うお金は檀家かどうかなどにより異なりますがやはり幅があります。無理をしない程度でよいとされます。その他は食事の費用などで意外にかかります。トータルで100万が最低ラインぐらいとされます。