今は道路はアスファルトで舗装され、住宅などはコンクリートで固められています。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

葬式の後に散骨をするときにどうするか

今は道路はアスファルトで舗装され、住宅などはコンクリートで固められています。土や木々も人工的に人が設置したものが増えています。それを見てどう感じるかは人によって異なりますが、自然の良さを感じる人もいるかもしれません。東京などでも少し郊外に出たりすれば比較的のどかな風景が見られるところがあります。死んだあとは自然に帰りたいと考えることもあるでしょう。

葬式では火葬があり、さらに納骨があります。通常はお墓に骨を納骨することになりますがその他の方法を取ることがあります。それが散骨と呼ばれる方法です。散骨する場所として選ばれるのは海です。海も自然を感じるところで、もともと海で仕事をしている人であったり、海でよく遊んだりした人は海に散骨してほしいと考えることがあります。そういった希望があればかなえてあげてもいいでしょう。

では具体的にはどのようにして散骨をするかです。単に火葬をしてその灰をいろいろなところにまこうとするとこれは法的な問題が出ることがあります。捨てると解釈されることがあるからです。散骨に当たってはある程度節度をわきまえて行うことが良いようです。火葬をすると骨は残ります。そのままばらまくのはよくありません。細かく砕いたり、ミキサーなどで粉状にして行うようにします。

サイトリンク