医学の研修のためにはいろいろな方法を行います。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

葬式の後に献体を希望するときにはどうするか

医学の研修のためにはいろいろな方法を行います。動物を用いることもありますが、動物ではすべてのことがわからない場合があります。その時にはどうしても人の体が必要になります。さすがに生きている人の体をそのまま医学の研修だからと使うことはできません。でもある状態の場合には利用できる場合があります。それが亡くなった人の体です。

日本の制度の中に献体と呼ばれるものがあります。医学生のいる大学では一定の献体の募集をしていて、事前に登録などをしておくとその手続きによって処置がされます。自分自身が希望するときは事前に登録をしておき、家族がいる時は家族の同意を得ておきます。いざ亡くなった時にどうなるかですが、まずは通常通りにお葬式を行います。その時には時間が問題になります。

献体は死後何時間でないと受けられないと決められていることがあるのでそれに合わせるようにします。その通りに葬儀などが終えられたら遺体を大学などに引き渡します。火葬は行いません。そのあと1年から2年間医学部などで献体として使われ、そのあと火葬されて遺族のもとに遺骨などが渡されます。献体と言っても遺骨などは戻されるので、お墓にも入ることができます。

サイトリンク