それぞれの家では主人と言われる人がいるかもしれません。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

お葬式で喪主は誰が行うことになるか

それぞれの家では主人と言われる人がいるかもしれません。誰が主人かは法律などでは特に決められているわけではありません。戸籍などでは夫が中心になってその妻、子などとして家族を形成することがあります。通常はそれに従うことになるのでしょう。日常生活では主人だから、その妻だから、子供だからと気にすることはありませんが、人が亡くなるといろいろ決める必要があります。

お葬式では喪主を決めることがあります。誰に設定することになるかです。まずは原則を知っておきます。一家の主人が亡くなった場合にはその跡取りが喪主を務めるとされています。子供がいればその人になるでしょう。実際の子供以外でも養子などが跡取りになるのであればその人が務めることになります。でも実際にはそれ以外の人が行うケースもあります。

よくあるケースでは妻が行うケースがあるようです。古くからの習わしとして跡取り、つまりは長男が行うことが多かったのですが、現在は配偶者が行うことがあり、一般化しつつあるとされています。配偶者の年齢にもよりますが、子供が小さい場合なども含めて配偶者が行うことがあります。人によっては子供が行うもの、配偶者が行うものと考えることがありますが必ずどちらかと決まっているわけではありません。