生物はお母さんのおかげでこの世に存在することができます。

会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える
会社の同僚の葬式でできる手伝いを考える

死産の場合にお葬式をどのように行うか

生物はお母さんのおかげでこの世に存在することができます。お母さんの体の中で一定の成長をして、そのあと生まれてきて育てられたり自分で生活していくことになります。しかしすべての生物が無事生まれてこれるわけではありません。残念ながら生まれてきたときには亡くなっていることもあります。悲しいことですが決してないことではありません。

死産の場合でも届け出が必要になります。死亡届を提出して、その時に火葬許可を受けることになります。そして火葬をして埋葬などを行うことになります。死産としてはどのような場合に当たるかですが、妊娠4箇月が一つの区切りになっています。それ以降の流産、死産の場合には死産届を出すことになります。これらの届を出さないと火葬申請などが行えないので注意しなければいけません。

お葬式を行うかどうかですが、一般的な式に比べると大きなことをすることは少なくなります。母親の体の状態も必ずしも良いとは言えない場合があり、さらには親のショックも大きい部分があります。簡単な式を行うことが多いようです。特に決まりはありませんが、通常の式のように大きな式をすることもあります。それぞれの家庭で相談のうえ最もいい方法を選んでいくことになるでしょう。

サイトリンク